永久脱毛

永久脱毛をちゃんと理解しよう

皆さんは永久脱毛ってどんな脱毛方法かちゃんと理解していますか。

 

エステサロンなどの広告等で時折見かけるこの言葉ですが、本来は国が指定する医療機関でしか行えない医療行為なのです。

 

永久脱毛時に取られるレーザー脱毛と、エステサロンなどで取られているフラッシュ脱毛が原理の同じ光脱毛ということで両方を一緒にしてしまった説明がされる場合も多いようですが、これらは全く違った脱毛方法ですから気を付けなければなりません。

 

レーザー脱毛はクリニックでしか受けることができず、毛のメラニン色素だけに反応する特殊な光を照射して脱毛を行います。

 

照射時に、毛の生成を司る毛母細胞を完全に破壊することによって二度と毛が生えてこないようにする脱毛方法なのです。

 

この際の照射力が高いためにこの効果が得られるのですが、その分、危険性もあるので医療行為とされているわけです。

 

エステサロンで用いられるフラッシュ脱毛は、照射力が弱く設定されているので、破壊にいたらずダメージを与えて休止状態にすることで一定期間毛が生えてくることを防ぎます。

 

このようにエステサロンで行われている脱毛は永久脱毛とは全く効果が違ってきます。くれぐれもこの点をよく理解して、脱毛を受けるようにしてくださいね。

 

 

 

永久脱毛は医療行為

最近は脱毛を行う女性も当たり前となってきているので、脱毛のためにエステサロンに通う女性も珍しいことではなくなってきています。

 

しかし、脱毛イコール永久脱毛という大きな誤解をしている人も多くいるので、永久脱毛はどういうものなのかをしっかりと理解しておく必要があります。

 

永久脱毛と言われる脱毛方法は脱毛施術完了後に二度と毛が生えてこない脱毛方法をさします。

 

どういう仕組みで毛が生えてこなくなるのかというと、毛の根元にある毛乳頭に含まれる毛母細胞が毛を成長させる働きをします。

 

ですから剃っても、抜いても、この毛母細胞がある限り毛は再生し続けるのです。

 

永久脱毛はこの毛母細胞を熱によって破壊して二度と再生できないようにする処置を行います。

 

このような作用で二度と毛が生えてこないようにするのです。

 

ここで大事になってくるのが、細胞の破壊という点です。

 

細胞の破壊となると、人体にとって全く影響がないということにはなりませんから、現在は、施術は医師免許を有した人に限られているのです。

 

高熱による処置ですから安全性の面を考慮して医療光となっているという意見もあるようですが、永久脱毛が医療行為とされている一番の原因はこの点が大きく影響しているのです。

 

 

 

何故、永久脱毛は医療行為なのか

永久脱毛は医療行為とされており、日本では医療機関以外での永久脱毛は禁じられています。

 

それでは何故、永久脱毛は医療行為とされているのでしょうか。

 

それを理解するには、まず永久脱毛の仕組みについて理解しなければなりません。

 

現在の脱毛はクリニックもエステサロンも同じ光を用いた脱毛方法が主流です。

 

原理は、毛に含まれるメラニン色素だけに反応する特殊な光を用いて脱毛します。

 

毛に反応した光が熱に変わり、その熱によって毛の成長を司る毛母細胞にダメージを与えて毛が生えてこないようにするのです。

 

この際に光の照射力が強いほど毛母細胞へ与えるダメージが大きくなり、それによって脱毛の結果が変わってくるというわけです。

 

この方法は光といっても、熱を利用して脱毛を行うので、永久脱毛のように完全に毛母細胞を破壊するにはかなり強力な光を照射しなければなりません。

 

光は毛以外には反応しませんから、肌へのダメージはないと思われがちですが、毛根周りの肌には熱の影響もありますし、肌の状態によっては様々なトラブルが起こることも考えられます。

 

ですから、これらトラブルが発生することが考えられる強い照射が必要な永久脱毛は医療行為とされているのです。

 

ご理解いただけましたか。